看護師として活躍するうえで必要なスキル

サービスの質向上が求められる医療や介護業界において、高いスキルを持った看護師の需要が高まっています。特に看護師は、数々の看護業務だけでなく、患者やその家族とコミュニケーションを取る役割も求められます。そんな幅広いサポートを行う看護師が、現場で活躍するうえで必要なスキルについて考えてみました。

まず重要なことは、当然ですがコミュニケーションスキルです。医療現場や介護施設では、患者および利用者、そしてその家族との円滑なやりとりが欠かせません。悩みや気持ちを理解し、適切なアプローチで対応できる対応力を身につけることが重要になってきます。その際、頭に入れておきたいのが、共感力です。患者や利用者、その家族の多くは、さまざまな不安・感情を抱えています。そこに共感し、相手の立場に立ってサポートをすることで、互いに信頼関係が築かれ、安心感も与えられます。続いて次に大切なのが柔軟性です。看護師が働く現場では、予測不可能な状況が生じることはしばしばあります。そのため、臨機応変な対応や変化への適応力が求められます。柔軟性を発揮することで、スムーズに業務に対処でき、患者や利用者のニーズに適切に応えられるようになります。加えて、チームワークを維持する協調性も必要です。看護師の多くは、他の職種のスタッフと協力しながら、治療やケアをサポートします。そのため、周囲との良好な報連相を実現し、寄り良いチームワークを築ける人材であることが望まれます。